FC2ブログ
(旧HP管理人の)本当に適当な生活
プロフィール

仙次郎

Author:仙次郎
羽鳥祭のホームページを
適当に作っておりました。
(笑)

1年365日「多忙」です。




【警告】当ブログ内に掲載されているすべての文章、画像等の無断転載、転用を禁止します。

文化庁-著作権を参照してください



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



その一部を直せばいい文面なんだけどなぁ
平成28年6月8日 水曜日 友引


今から書くことが「絶対!」ではありません。

一般的に、私も講習会で教わりました。

会社の人を呼ぶとき、必ず役職をつけること。
自分より上司は言いやすいですけど、部下等は言いにくい。
でもちゃんと役職名を付けて呼ぶ。組織という中で、役職を割り当てられ責任を持たされているからね。

対外的には、上の者は呼び捨てにします。
たとえ自分の会社の社長であっても、
佐藤社長だったら「佐藤がいつもお世話になっております」と。

しつこく書きますが、「絶対」ではありません。


家族だったら、
例えば嫁が夫を呼ぶとき、対外的にはどう呼べばいいのか?
「とても残念な結果になりましたが、坂本も天国で喜んでいると思います」とかね。

いつも、○○ちゃんとか呼んでいるから
同じように、第三者にそのようにわかるように書くと、おいおい!って。


こういうことは、「絶対」ではないのだけれども
やっぱり色々わきまえて、一歩下がって、だろうね。


他人のフリみて、我が身を反省しようと思った梅雨っぽい6月9日でした(笑)




スポンサーサイト

付加価値
平成28年6月7日 火曜日 先勝


この店、たけー!とか、この店すごーく安い!とか

高い、安いは、店側が決めることではなく
あくまでも私たち客が決めることです。
例えば、生ビール1杯600円。
微妙な値段です。
この値段がやたら高く思える時もあれば、安く思える時も。
当然妥当な時も。

私たちお客にとって、妥当な値段以下でなければ
わざわざその店にはいきません。

付加価値

その部分です。ぼくはここをとても大切に思っています。

大切な付加価値がなくなったとしたら…
わざわざ行く必要はないのです。客としては。


余談

東京ドームの生ビールは800円。きわめて妥当です(笑)






両立
平成28年6月6日 月曜日 赤口

先週梅雨入りしてしまいました。

入梅は6月10日、もうちょっと先なんですが
最近は入梅より先に梅雨入り傾向。
そして、あまり降らない(笑)
さらに、晴れたときには「暑い!」


4月になってから、週末はいつも畑仕事です。

野菜を育てるのは、ほんと大変。

水やり、草取り、摘心、摘果。
そして草取り。

一人じゃ絶対できません。まして勤めに出ていると。


日曜日に知り合いの方の告別式がありました。
その故人の娘さんを嫁にもらった同業の方、正しくは同業だった方とやっとお話しできました。
その奥様を昨年亡くされ、家のことを勤めのことが両立できなくなり
それが理由で会社を退職されたそうです。

色々と考えさせられた日曜となってしまいました。


よって、気分転換に筑波山へ向かってジョギング(笑)

18㌔、気持ちよくRUN。疲れは今のところ出ていないので、今日も走りますよー!



追記

年度末になると、何十連勤とか
ものすごく仕事し始めるのは、皆さまご承知とおもいます(笑)
でも体調が悪ければ、無理はしません。できる限りで仕事すます。
眠ければ、会社のシャワーち休憩室を使って泊まっちゃいます。

色々と抱えている方だと、どうしても無理しちゃいますよね。

「注意一瞬、後悔一生」とならぬよう、自分でできることはしっかりしたいと思ったこの頃です。






食文化
平成28年6月3日 金曜日 先勝

朝から、いいニュースが飛び込んできました。
とにかく無事でなにより。
ワイドショーネタになりそうな気配ですけど、それも無事だからこそ。
まだ年齢は若いので、何とか皆さんの記憶から忘れられるといいですね。


さて皆さんは、ウサギとか食べます?

私が台湾に旅行に行った時には、犬やハトが屋台で売られていました。
中国に行った時には、サルやヘビなども。

住んでいる国や、さらにその地域によって食文化が違います。

ウサギは、日本でも食べられていたようです。
現在も、食用のウサギ肉が販売されているようです。
ペットのウサギは食べてはいけません。2006年に法律で禁止されています。
食用と愛玩用は違います。
うちには、たべる文化はありませんでした。
うちにとってウサギはペットという枠です。愛玩用です。
食用ではありません。

食文化が多様な時代、当然ウサギを食べる文化を持った人たち
当然、そのことをまったく否定しません。

自分がウサギの肉好きだからと言って、それを強要させることは
食文化を否定するものと思います。

もっと、幅広い考えをもって
自分の考えが一番と思わずに、常に謙虚でありたいと思います。





卒業
平成28年5月24日 火曜日 先負

本日もよいお天気でした。


「部長、ちょっとお話があるのですが…」

来た。もうこのフレーズ、次の言葉はわかっている。

本人が決めたことだから、気持ちよく背中を押してあげたいことはわかっている。

でもね、でも、、、

今日は、色々と思い悩んでいます。